包容力あるOSB素材がつくるあたたかい保育園

 園舎の活用が保育室利用だけではなく、地域コミュニティの施設として担うことが出来るようエントランスホールには多目的スペースが計画されました。日常的には幼児達のランチスペースや大階段のステップを利用したアクティブな遊びの場として利用します。その他に高齢者や保護者などの異世代交流
が可能なコミュニティーカフェとして展開できるよう計画しています。

建物は日当たりのよい南向きに面しながら、多目的スペースと保育室が融合できるよう、ハチの巣構造をモデルとした多面的な配置計画を採用しています。また、OSBの天然素材を利用し、子供たちの独自性と同様に天然材料ならではの豊かな表情が、あたたかな空間を生み出します。

ご使用の前に必ずお読みくださいご使用の前に必ずお読みくださいご使用の前に必ずお読みくださいご使用の前に必ずお読みくださいご使用の前に必ずお読みくださいご使用の前に必ずお読みくださいご使用の前に必ずお読みくださいご使用の前に必ずお読みください

Advertisements